0006-語末には「です」「ます」(敬体)に統一する

  • ステータス: 採用

  • 提案者: suin

  • 決定者: suin, reoring, nouphet, fuubit, クロレ

  • 更新日: 2020-01-31

解決する問題とその背景

書籍としての一体感を出すために、語末表現は統一されているべきだが、それは「〜だ、〜である」(常体)にするか、「〜です、〜ます」(敬体)にするか?

検討した選択肢

  • 「〜だ、〜である」(常体)

  • 「〜です、〜ます」(敬体)

決定事項

語末表現には「〜です、〜ます」(敬体)を採用する。なぜなら、理由は下記の通り。

  • 敬体を使っている技術書も多く、受け入れられていると言えるから。

  • 手順を説明するときに、常体だと命令口調になってしまい書きにくいから。