メインコンテンツまでスキップ

Markdown

Markdownは標準的な記法に加えて、本プロジェクトで独自拡張した仕様があります。

Frontmatter#

必要に応じてページのメタ情報や設定をfrontmatterに書くことができます。frontmatterはYAML形式です。

yaml
---
slug: /reference/function
---
yaml
---
slug: /reference/function
---

利用可能な設定は次のものがあります。

キー説明
sidebar_labelstringサイドバーや前後ページナビゲーション、サイト内リンクブロックに表示されるページタイトルです。指定しない場合、最初の見出しの内容がサイドバーに表示されます。
slugstringページのURLのパス部分。指定しない場合、ファイル名から拡張子を除いたものがslugになります。
tagsstring[]ページのタグ。デフォルト値は[]です。
descriptionstringページの要約。<meta name="description" content="..."/>やサイト内リンクブロックの説明として使われる。指定しない場合、コンテンツの最初の段落がdescriptionになります。
titlestringページのタイトル。これを指定した場合、Markdownに見出しをつける必要はありません。
yaml
---
sidebar_label: アロー関数
slug: /reference/functions/arrow-function
tags:
- 関数
- アロー関数
description: TypeScriptでアロー関数を定義する方法
---
yaml
---
sidebar_label: アロー関数
slug: /reference/functions/arrow-function
tags:
- 関数
- アロー関数
description: TypeScriptでアロー関数を定義する方法
---

見出し#

見出しレベル1#は、ページタイトルにのみ使います。
ページ内のセクションは見出しレベル2##以上を使います。

markdown
# ページタイトル
...序文...
## 大見出し
...
### 中見出し
...
markdown
# ページタイトル
...序文...
## 大見出し
...
### 中見出し
...

リンク#

サイト内リンクはMarkdownファイルパスを相対パスで書きます。

markdown
詳細は[関数](../references/functions.md)をご覧ください。
markdown
詳細は[関数](../references/functions.md)をご覧ください。

内部リンクブロック#

内部リンクブロックは、サイト内のページへのリンクを表示するためのものです。次の例のように、ページタイトルと説明文が自動的に表示されるコンポーネントです。

内部リンクブロックには次の利点があります。

  • 関連ページが目立つ
  • リンク先ページのタイトル変更に自動的に追従できる

リンクブロックを作るには、前後に空白行を置き、かつ、サイト内リンクの行の前後には何も文字を書かないようにします。

markdown
...テキスト...
[letとconst](../references/values-types-variables/let-and-const.md)
...テキスト...
markdown
...テキスト...
[letとconst](../references/values-types-variables/let-and-const.md)
...テキスト...
caution

Markdownのリンクテキストは無視され、リンク先のタイトルが採用されます。たとえば、function.mdのタイトルが「関数について」で、Markdownが[ファンクション](./function.md)のとき、「ファンクション」は無視され、ウェブサイト上の表示は「関数について」が採用されます。

インラインコード#

インラインコードの前後には空白を置かないようにします。

markdown
❌ 変数宣言は `const` を用います。
⭕️ 変数宣言は`const`を用います。
markdown
❌ 変数宣言は `const` を用います。
⭕️ 変数宣言は`const`を用います。

インラインコードでバッククォートを使うには、ダブルバッククォートを使います。

markdown
テンプレートリテラルは`` ` ``を使います。
markdown
テンプレートリテラルは`` ` ``を使います。

テンプレートリテラルは`を使います。

コードブロック#

コードブロックは言語名を指定すると、シンタックスハイライトが効きます。

markdown
```ts
// code
```
markdown
```ts
// code
```

使用可能な言語は次のとおりです。

コードブロックのタイトル#

コードブロックにタイトルをつけるにはtitle属性を指定します。

markdown
```ts title="sample.ts"
// sample code
```
markdown
```ts title="sample.ts"
// sample code
```
sample.ts
ts
// sample code
sample.ts
ts
// sample code

行番号#

4行以上あるコードブロックは行番号が自動で付与されます。

markdown
1行目
2行目
3行目
markdown
1行目
2行目
3行目
markdown
1行目
2行目
3行目
4行目
markdown
1行目
2行目
3行目
4行目

Twoslash#

TwoslashはサンプルコードにTypeScriptコンパイラーから得られる情報を付加する機能です。付加される情報には変数の型、コンパイルエラーのメッセージなどがあります。

変数の型を表示する#

^?を書くと型推論された変数の型の中身を表示できます。

markdown
```ts twoslash
const point = { x: 135, y: 35 };
// ^?
type ReadonlyPoint = Readonly<typeof point>;
// ^?
```
markdown
```ts twoslash
const point = { x: 135, y: 35 };
// ^?
type ReadonlyPoint = Readonly<typeof point>;
// ^?
```
表示例
ts
const point = { x: 135, y: 35 };
const point: { x: number; y: number; }
type ReadonlyPoint = Readonly<typeof point>;
type ReadonlyPoint = { readonly x: number; readonly y: number; }
表示例
ts
const point = { x: 135, y: 35 };
const point: { x: number; y: number; }
type ReadonlyPoint = Readonly<typeof point>;
type ReadonlyPoint = { readonly x: number; readonly y: number; }

エラーを表示する#

@errorsでコンパイルエラーの内容を表示できます。

markdown
```ts twoslash
// @errors: 7006
function fn(s) {}
```
markdown
```ts twoslash
// @errors: 7006
function fn(s) {}
```
表示例
ts
function fn(s) {}
Parameter 's' implicitly has an 'any' type.7006Parameter 's' implicitly has an 'any' type.
表示例
ts
function fn(s) {}
Parameter 's' implicitly has an 'any' type.7006Parameter 's' implicitly has an 'any' type.

コンパイラーオプションを設定する#

@コンパイラーオプション: 設定値の形式で書くと、そのコードブロックでのみ効くコンパイラーオプションを設定できます。

markdown
```ts twoslash
// @noImplicitAny: false
function fn(s) {}
```
markdown
```ts twoslash
// @noImplicitAny: false
function fn(s) {}
```
表示例
ts
function fn(s) {}
表示例
ts
function fn(s) {}
tip

twoslashのデフォルトのコンパイラオプションはtsconfig.twoslash.jsonをご覧ください。

実行結果を表示する#

@log@warn@errorを用いると、実行結果のコメントをスタイリングして表示できます。

markdown
```js twoslash
console.log(123);
// @log: 123
console.warn("メッセージ");
// @warn: メッセージ
const x = value;
// @error: ReferenceError: value is not defined
```
markdown
```js twoslash
console.log(123);
// @log: 123
console.warn("メッセージ");
// @warn: メッセージ
const x = value;
// @error: ReferenceError: value is not defined
```
表示例
js
console.log(123);
123
console.warn("メッセージ");
メッセージ
const x = value;
ReferenceError: value is not defined
表示例
js
console.log(123);
123
console.warn("メッセージ");
メッセージ
const x = value;
ReferenceError: value is not defined

コード補完の再現#

^|を書いたところにVS Codeでのコード補完の様子を再現できます。

markdown
```ts twoslash
// @noErrors
[1, 2, 3].fin
// ^|
```
markdown
```ts twoslash
// @noErrors
[1, 2, 3].fin
// ^|
```
表示例
ts
[1, 2, 3].fin
             
表示例
ts
[1, 2, 3].fin
             

JavaScriptの出力#

@showEmitでコンパイル結果のJavaScriptコードを表示できます。

markdown
```ts twoslash title="表示例"
// @showEmit
enum Example {
FOO,
BAR,
}
```
markdown
```ts twoslash title="表示例"
// @showEmit
enum Example {
FOO,
BAR,
}
```
表示例
ts
"use strict";
var Example;
(function (Example) {
Example[Example["FOO"] = 0] = "FOO";
Example[Example["BAR"] = 1] = "BAR";
})(Example || (Example = {}));
 
表示例
ts
"use strict";
var Example;
(function (Example) {
Example[Example["FOO"] = 0] = "FOO";
Example[Example["BAR"] = 1] = "BAR";
})(Example || (Example = {}));
 

型定義ファイルの出力#

TypeScriptソースコードを型定義ファイルに変換した結果を表示できます。

markdown
```ts twoslash
// @declaration: true
// @showEmit
// @showEmittedFile: index.d.ts
export function getStringLength(value: string) {
return value.length;
}
```
markdown
```ts twoslash
// @declaration: true
// @showEmit
// @showEmittedFile: index.d.ts
export function getStringLength(value: string) {
return value.length;
}
```
表示例
ts
export declare function getStringLength(value: string): number;
 
表示例
ts
export declare function getStringLength(value: string): number;
 

インラインハイライト(下線)#

下線^^を引いた部分がハイライトされます。これは未対応で、下線コメントが消えるだけです。

markdown
```ts twoslash
function greet(person: string, date: Date) {
console.log(`Hello ${person}, today is ${date.toDateString()}!`);
}
greet("Maddison", new Date());
// ^^^^^^^^^^
```
markdown
```ts twoslash
function greet(person: string, date: Date) {
console.log(`Hello ${person}, today is ${date.toDateString()}!`);
}
greet("Maddison", new Date());
// ^^^^^^^^^^
```
表示例
ts
function greet(person: string, date: Date) {
console.log(`Hello ${person}, today is ${date.toDateString()}!`);
}
 
greet("Maddison", new Date());
表示例
ts
function greet(person: string, date: Date) {
console.log(`Hello ${person}, today is ${date.toDateString()}!`);
}
 
greet("Maddison", new Date());

行ハイライト#

特定の行に注目してもらいたいときは、行番号を書くとその行の背景色を変えられます。

markdown
```js twoslash {1,4-6,11} title="行ハイライトの表示例"
import React from "react";
function MyComponent(props) {
if (props.isBar) {
return <div>Bar</div>;
}
return <div>Foo</div>;
}
export default MyComponent;
```
markdown
```js twoslash {1,4-6,11} title="行ハイライトの表示例"
import React from "react";
function MyComponent(props) {
if (props.isBar) {
return <div>Bar</div>;
}
return <div>Foo</div>;
}
export default MyComponent;
```
行ハイライトの表示例
js
import React from "react";
 
function MyComponent(props) {
if (props.isBar) {
return <div>Bar</div>;
}
 
return <div>Foo</div>;
}
 
export default MyComponent;
行ハイライトの表示例
js
import React from "react";
 
function MyComponent(props) {
if (props.isBar) {
return <div>Bar</div>;
}
 
return <div>Foo</div>;
}
 
export default MyComponent;

サンプルコードの自動整形#

コードブロックはPrettierで自動整形されます。

自動整形をされたくないコードブロック場合は、<!--prettier-ignore-->を直前に書きます。

markdown
```ts
f = x => x;
```
<!--prettier-ignore-->
```ts
f = x => x;
```
markdown
```ts
f = x => x;
```
<!--prettier-ignore-->
```ts
f = x => x;
```
整形結果
markdown
```ts
f = (x) => x;
```
<!--prettier-ignore-->
```ts
f = x => x;
```
整形結果
markdown
```ts
f = (x) => x;
```
<!--prettier-ignore-->
```ts
f = x => x;
```

警告表示#

トリプルコロン:::で囲んだテキストは警告表示にできます。

markdown
:::note
テキスト
:::
:::tip
テキスト
:::
:::info
テキスト
:::
:::caution
テキスト
:::
:::danger
テキスト
:::
markdown
:::note
テキスト
:::
:::tip
テキスト
:::
:::info
テキスト
:::
:::caution
テキスト
:::
:::danger
テキスト
:::
note

テキスト

tip

テキスト

info

テキスト

caution

テキスト

danger

テキスト

警告表示にはタイトルを指定できます。

markdown
:::note 好みのタイトル
テキスト
:::
markdown
:::note 好みのタイトル
テキスト
:::
好みのタイトル

テキスト

「学びをシェアする」ブロック#

「学びをシェアする」ブロックは、読者がページの内容をTwitterでシェアしやすくするブロックです。<TweetILearned>で囲った範囲がツイート内容になります。

学びをシェアするブロックの書き方例
markdown
<TweetILearned>
・JavaScriptの変数宣言はletとconstがある
・letは再代入OK、constは再代入NG
・基本的にconstを使うとよい
</TweetILearned>
学びをシェアするブロックの書き方例
markdown
<TweetILearned>
・JavaScriptの変数宣言はletとconstがある
・letは再代入OK、constは再代入NG
・基本的にconstを使うとよい
</TweetILearned>

表示例:

学びをシェアする

・JavaScriptの変数宣言はletとconstがある
・letは再代入OK、constは再代入NG
・基本的にconstを使うとよい

『サバイバルTypeScript』より

この内容をツイートする
「学びをシェアする」ブロックの注意点
  • <TweetILearned>の直後と</TweetILearned>の直前には空行が必要です。
  • Twitterはツイート内容に文字数制限があるため、分量には注意してください。「『サバイバルTypeScript』より」が末尾に追加されることを想定した分量にしてください。
  • ツイート内容にはMarkdownの記法を使わないでください。特にリスト記法は「・」で代用してください。
  • ツイート内容にはURLを含めないでください。URLを含んだツイートはタイムラインに表示されにくい傾向があるからです。