0004-各ページのステータス管理方法

各ページのステータス管理方法について
  • ステータス:採用

  • 決定者: suin, reoring, nouphet

  • 更新日: 2020-01-31

解決する問題とその背景

列挙された目次に対してのアサイン方法や管理方法が未定。

検討した選択肢

  • Google Docsで管理

  • 各ページにて管理

  • GitHub Issuesで管理

決定事項

Google Docsで管理を採用した。なぜなら、

  • 目次がGoogle Docs上で管理されているため

  • ステータスがリアルタイムで同期できるため

  • 現在の運用人数(<10)であれば問題なさそうなため

各選択肢の良い点と悪い点

Google Docsで管理

  • Good: 一覧化が容易

  • Good: 目次を他のツールと同期する手間がない

  • Bad: 利用ツールが増え得る

  • Bad: スケールしない

各ページにて管理

別途管理ツールを導入せず、記事の各ページの先頭にステータスを表記、本文内に担当者を書く。

  • Good: 利用ツールが増えない

  • Bad: 大人数になった時にどうか

  • Bad: 対応期限でソートが難しい

  • Bad: GitBookはマージするまで最新情報が伝わらないので難しい

GitHub Issuesで管理

  • Good: スケールしそう

  • Bad: 今今の人数だと手間のほうが多そう