TypeScriptの良さ

TypeScriptはMicrosoftにより2012年10月1日に発表されました。

TypeScriptはスケールするJavaScriptです。

「スケールする」とは、開発に関わる人数や、規模が増えた際にもうまく機能するということです。

TypeScriptはJavaScriptの上位互換でJavaScriptに型が追加されているものです。TypeScriptで書かれたコードは純粋なJavaScriptにコンパイルされます。

TypeScriptはJavaScriptが実行できる全てのブラウザ、コンピュータ、OSで動作し、オープンソースです。

特徴は僕によると…

  • JavaScriptの上位互換。

  • 安全性が高い。

  • 型推論がある。

  • なにより楽しい。

  • オープンソースである。

これらについてもう少し掘り下げてみてみましょう。

JavaScriptの上位互換

TypeScriptはJavaScriptに型が追加され、それ以外の部分は基本的に互換しています。 これまでJavaScriptに慣れ親しんできた方であれば時間をかけずに習得できます。

安全性が高い

TypeScriptはタイプセーフです。 型があることでコンパイル時に様々な問題を発見できます。プログラマがミスをするとコンパイラが厳しく教えてくれます。

型推論がある

TypeScriptには型推論があります。あらゆるところに型を指定する必要はなく、TypeScriptが自動で型を決定してくれる部分があります。この機能のおかげでプログラマはタイプ量を大幅に減らすことができます。

楽しい

TypeScriptはコンパイルが速く、洗練された型機能を持ち、JavaScriptとの互換性もあります。これまでJavaScriptに型がないことにより悩まされてきた"実行してみないとわからない"恐怖から解消され、プログラミングを楽しくできます。

オープンソースである

TypeScriptはオープンソースプロジェクトで、Apache License 2.0で提供されています。