開発環境の準備
TypeScriptの開発に必要になるNode.jsとTypeScriptコンパイラ、エディタをインストールしましょう。

Node.jsとは

Node.jsは、JavaScriptをサーバーサイドで動かすことを目的に開発されたソフトウェアです。Node.jsはGoogle ChromeのJavaScriptエンジンと同じ「V8」でJavaScriptを実行します。
Node.jsにはGoogle Chromeと同じJavaScriptエンジンが乗っていると言っても、組み込みのAPIは異なります。ブラウザはJavaScriptからHTMLを操作する必要があるのでDOM APIがありますが、Node.jsにはありません。代わりにNode.jsには、サーバーサイドのさまざまなリソースを制御する必要があるので、ファイルシステムにアクセスするAPIやHTTPサーバーを建てるためのAPI、プロセスを起動したり終了したりするAPIなどがあります。
Node.jsの典型的な用途は、サーバーサイドアプリケーションの開発です。たとえば、ウェブサービスのバックエンドなどです。最近のフロントエンド開発でも、Node.jsが必要になってきています。なぜかというと、開発で使うツールをNode.jsで動かす必要があるからです。TypeScriptでの開発も、TypeScriptコンパイラ(tsc)を動かすのにNode.jsが必要になります。

Node.jsのインストール

Node.jsは公式サイトからダウンロードしてインストールすることもできますが、もっとも手軽な方法はHomebrewを使ったインストールです。
1
brew install node
Copied!
インストールされたらnode -vでバージョンが表示されるかを見て、nodeコマンドが実行できるかを確かめてください。
1
$ node -v
2
v12.16.0
Copied!

TypeScriptをインストールする

お使いのターミナルからTypeScriptコンパイラをインストールします。
1
npm install -g typescript
Copied!
tscコマンドが実行できるかtsc -vコマンドで確認します。
1
tsc -v
2
Version 4.3.5
Copied!
表示されたバージョンはインストール時の最新バージョンになります。上の例は執筆時のバージョンなので、これと異なっていても問題ありません。

エディターは何を使ったらいいか?

シェアで決めつけるのも好きではありませんが、Visual Studio Codeが一番良く使われています。無料であり、インストールすれば拡張機能なしでもコーディングを行うことができます。
TypeScript、Visual Studio Codeも主にMicrosoftが中心に開発されているため相性がよいのかもしれません。
🧙♂ Tips: Visual Studio Codeは主にTypeScriptで開発されています。またVS Codeと略すことが多いです。
対応OSはWindows、Mac、Linuxのいずれにも対応しています。ダウンロードサイトから環境にあったインストーラーをダウンロード・インストールを行ってください。 https://code.visualstudio.com/download
最終更新 12d ago