getters and setters

プロパティへのインターセプター(参照・代入・監視などの意味)としGetter/Setterがあります。

記述方法のサンプルは次のようになります。

class Human {
private _name: string;
// Getter宣言
get name(): string {
return this._name;
}
// Setter宣言
set name(name: string) {
this._name = name;
}
}
const human = new Human();
// Setterを利用
human.name = `田中太郎`;
// Getterを利用
console.log(human.name); // 田中太郎

メソッドと違い、getter/setterを呼ぶ場合は()は不要です。

// Getter
console.log(human.name); // 正しいGetterの使用方法
console.log(human.name()); // エラー :human.name is not a function
// Setter
human.name = '田中太郎'; // 正しいSetterの使用方法
human.name('田中太郎'); // エラー :human.name is not a function

Getter

Getterの記述方法を日本語で表すと次のようになります。

get 名前():{
必要ならば処理();
return 戻り値;
}

Getterに引数を指定することはできません。また戻り値を必ず指定する必要があります。

Setter

Setterの記述方法を日本語で表すと次のようになります。

set 名前(変数 :) {
必要ならば処理();
保存処理();
}

引数が必ずひとつ必要です。また戻り値を指定することはできません。